利用する時のポイント

女性がシェアハウスを利用する際のポイントについて紹介します。1つ目は管理がきちんと行われているかどうか事前に調べておくことです。企業が管理している物件であっても場合によっては管理がずさんであることがあります。入居する前に必ず下見を行う、ネットを利用して情報を集める、など入居前に必ず情報を集めてから物件を選びましょう。2つ目は異性または同性が何人いるか、比率はどうなっているかをチェックすることです。

男女入居している人数や男女の比率は協同生活において非常に重要な項目ではないでしょうか。人数が多い場合はトラブルが発生するというわけでは必ずしもありませんが、発生する確率は人数が少ない方と比べて高まります。また同性が多い場合、いじめやトラブルになるといったケースもあります。選ぶ際には必ず入居者の人数と男女の比率を必ず確認しましょう。3つ目はその物件において過去に何かトラブルがあったかどうかを確認することです。

住居の設備や人間関係においても何らかのトラブルが発生していた場合、現在でもそのトラブルの影響が続いている可能性があります。またトラブルの種類によってはその物件の管理がどうなっているのかを把握するための指標となります。これら3つのポイントを踏まえてシェアハウスを選びましょう。また、シェアハウスの中には女性向け専用フロアをつくったり、オートロックなどのセキュリティ対策を万全にしているところもあります。女性がシェアハウスを利用する場合はなるべくそうした対策をしているところを選択するようにしましょう。

関連サイト_女性向け大型シェアハウス<DK HOUSE>

メリットとデメリット

シェアハウスのメリットとデメリットについて説明します。まずはメリットから説明します。シェアハウスの一番大きなメリットは他者との交流が行いやすいという点ではないでしょうか。普通の賃貸住宅では決して出来ない交流を行うことができます。他者と交流を深めていき、意義のある時間を過ごすというのは何事にも代えられない大変貴重な経験となると思います。またこれも大きなメリットの一つですが、普通の賃貸住宅に比べて家賃が安いという点です。

他者と浴室やトイレなどを共有するために、家賃は実質的には自分のプライベートルームのみ払うことになります。またゲストハウスに関しては場所によっては誰かとの相部屋になることもあるために、シェアハウスと比べても月額料金が非常に安くなります。次にデメリットについて説明します。一番大きなデメリットとしては個人のプライベートが守られにくいという点です。シェアハウスは基本的にはプライベートルームが設けられているものの、他者と様々な物や設備を共有するためにプライベートが守られにくいです。

自分の秘密が漏れる可能性があるため注意が必要です。2つ目のデメリットとして他者との交流が必要不可欠となるために、誰かとトラブルになった際に生活に支障が出てくる可能性があります。また最悪の場合はそのシェアハウスに居づらい、周りの目が気になるとしてシェアハウスを抜けるケースもあります。

シェアハウス利用時の注意点

シェアハウスについてご存知でしょうか。TVや雑誌でシェアハウスというフレーズを見たことはあるが詳しくは知らない、という方もいらっしゃると思います。ここではシェアハウスとは何か、シェアハウスのメリットやデメリット、女性がシェアハウスを利用する際のポイントについて紹介します。シェアハウスとは協同生活の種類の一つであり、浴室やリビング、台所などを共有しながら各住人の個室をプライベートルームとするものです。

部屋企業やオーナーが管理しており、各住人から家賃等を回収して管理することになります。またシェアハウスにもゲストハウスソーシャルアパートメントルームシェアという3つの種類があります。ここではそれぞれ3つの種類についても紹介します。1つ目のゲストハウスとはアメニティサービスなどを省略した素泊まりの宿であり、トイレや台所、浴室などを共有します。ゲストハウスは一見すると旅行者の為の宿であり、シェアハウスとは関係ないのではないかと思われるかもしれませんが、最近では月単位での料金を設定しているところもあるため賃貸住宅のように利用する方も増えてきております。

2つ目のソーシャルアパートメントとは通常の賃貸住宅に共有施設が追加で設けられているものです。共有施設はラウンジやキッチンが一般的であり、場所によっては非常に豪華な物になっていることがあります。3つ目のルームシェアとは建物の設備等はシェアハウスと何も変わりませんが、シェアハウスと異なる点として管理人がいないことです。管理は住んでいる各住人が協力して行うことになります。