シェアハウス利用時の注意点

シェアハウスについてご存知でしょうか。TVや雑誌でシェアハウスというフレーズを見たことはあるが詳しくは知らない、という方もいらっしゃると思います。ここではシェアハウスとは何か、シェアハウスのメリットやデメリット、女性がシェアハウスを利用する際のポイントについて紹介します。シェアハウスとは協同生活の種類の一つであり、浴室やリビング、台所などを共有しながら各住人の個室をプライベートルームとするものです。

部屋企業やオーナーが管理しており、各住人から家賃等を回収して管理することになります。またシェアハウスにもゲストハウスソーシャルアパートメントルームシェアという3つの種類があります。ここではそれぞれ3つの種類についても紹介します。1つ目のゲストハウスとはアメニティサービスなどを省略した素泊まりの宿であり、トイレや台所、浴室などを共有します。ゲストハウスは一見すると旅行者の為の宿であり、シェアハウスとは関係ないのではないかと思われるかもしれませんが、最近では月単位での料金を設定しているところもあるため賃貸住宅のように利用する方も増えてきております。

2つ目のソーシャルアパートメントとは通常の賃貸住宅に共有施設が追加で設けられているものです。共有施設はラウンジやキッチンが一般的であり、場所によっては非常に豪華な物になっていることがあります。3つ目のルームシェアとは建物の設備等はシェアハウスと何も変わりませんが、シェアハウスと異なる点として管理人がいないことです。管理は住んでいる各住人が協力して行うことになります。